在宅仕事こんなんにやってます(フリー)(追記あり)。

Photo by OVAN on Pexels.com

フリーといっても、開店休業中の翻訳者です。

1年半も病気療養してて、それでも完治する病ではないですけど復帰しようかとしたところにコロナ禍が起こりました。仕事はないですけど、新たな取引先開拓したり、専門知識や語学の勉強したりでやることはたくさんあります。

慣れないテレワークで困ってる人もいると思うので、わたしの場合。ネット友人のtransniperさんのブログを読み、自分も書こうと思いました。

  • デスク周りでこだわりたいところはあるのですが、上に書いた事情で金銭的に実現してません。キーボードはごく安いものを使えなくなったら換え、マウスは安いけどエルゴノミクスというのをサンワダイレクトで買ってます。デスク周りは人によっていろんな意見あります。この辺だといいマウスなど試せないという事情も。
  • デュアルモニタまたやりたいんですが、便利だった記憶があるので。
  • デスクはL字型。導入後身体壊したため、今のところ却って乱雑になってます。
  • 椅子は、サンワダイレクトとかだと何年持つかな。結局身体の節々が痛くなってくるので買い換え時です。旧ブログに大阪のイトーキ行った時のことが書いてあって、座りやすかった。ゲーミングチェアはどうだろうか?
  • PCにはf.luxというソフトを入れてモニタの明るさを調節してます(英語サイト)。
  • PCの前に座り続けると日本語でいう頸腕症候群、英語ではRSIといういろんな不調が出ることも。2種の頭痛で医者に行ってます。対症法としてはRSI Guardというソフトなどがあり(英語)、一定時間ごとに休憩を取らせてくれます。最近触ってません(注1)。
  • 持病の副作用もあって正直太ってるので、管理のため体重は毎日測ってグラフにしてます。夜中に普通の食事はまずしません。
  • ずっと前に知ったヨガは1日1ポーズでもやらないよりマシ。気分を落ち着かせるのにもいい。散歩もなるべくしたい。今はあまりできないが、趣味の写真撮ってるとたくさん歩く。
  • うちの中での服装はパジャマ、ノーメイク(宅急便は受け取ってくれる家族がいる)。まだ体調が思わしくなくなることがあるし、よく風邪も引くので。庭に出るときは着替え、隣の市に行くならささっと化粧。Skypeレッスンも薄化粧。
  • うちの県は自分ちのような貧乏家でも部屋数あり、仕事部屋とプライベートの部屋をざっくり分けている。ベッドから動けないと、寝床でタスクをやるので区別がなくなります。仕事の頭から切り替えられるのは大事かと思います。
  • 睡眠時刻はかなり遅くなることがありますが、時間は確保してます。

(注1)「RSIを知っていますか」杉本優さん

買ったそのものが売り切れていたので。真面目に作業するときはパームレストも使用。

(2020/04/08追記:ドライアイもあり、まれに医者に見てもらってます。普段はマイティア(涙の成分)の目薬。度のあったメガネ、中年以降だと近く用と遠く用も必要です。マウスなど必需品は、夜中に動かなくならないよう、余裕を持って余計に買っておいてください)

カテゴリー: Job

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中