『The Indifference Engine』を読了。

短編集を読むのは大好きなわたしでも、レビューするとなると別で、体調理由で書くまでに間が空いたりし、秋から何回か読んだ。本作は手違いで紙とKindleの両方で持っているんだけど、この内容ならむしろかぶって良かった。

タイトルは著者と円城塔共作の解説にもちらっと出ており、さらに伊藤氏の没後に書かれた岡和田氏の解説にもあるように、ウイリアム・ギブスンとブルース・スターリングの『ディファレンス・エンジン』が元。故人の大好きだった作品だそう(円城氏のデビュー作は『Self-Refference ENGINE』という。積んであるが楽しみ)。

ギブスン読みたくて読めてない、以前書いた岡崎京子の『リバーズ・エッジ』に出てきた詩も良かったので、と思っていたら部屋から1冊ギブスンの古本発見した。

最初にレビューする表題作のみラストが書いてあり、その部分の引用もある。フレーズが好きだったからだが、これから読みたい人はそこのみラストを飛ばしてほしい。


『The Indifference Engine』

Indifferenceというのは無関心な、というような意味。恥ずかしながらわたしがよく把握してない、ルワンダ内戦が下敷きとなった少年兵の話。

「ぼく」がある日学校から帰ってくると、母と妹が辱められた末殺されていた。ゼマ族のぼくは大人に混じってホア族と戦うが、突然停戦命令が下される。ぼくたちは学校に行かされ、憎いホアの奴らと机を並べ、UNICEFとかNGOがやってきて、白人の医者に「辛かったね」と分かったようなことを言われたりした。医者はみなの心に注射をするという。その注射がぼくを困った羽目に追い込むのだ。

(ここから結末に関わります)

「ぼくたち」が最初戦争に加わったのは、家族を殺されやむにやまれなかったから、憎しみのためや大人の嘘に踊らされたからだった。ラストで「ぼくたち」は戦う決意をする。今度は誰に言われたわけでなく自分たちの意思で。そこが決定的に違う。

ぼくらは行進する。
ぼくらは行進する。
彼方の街のまたたきに向かう。
生活の匂い、文明の匂い、平和の匂い。
涙が出るほどいとおしく、ぼくらが求めて止(や)まないものだけども。
それも今は昔のはなし。ぼくらは楽しくそれらを壊す。

文庫版p79

作中の少年たちは吹っ切れているようだが、一見明るい調子に騙されてはならず、もちろんこれがハッピーエンドであるはずはない。こんな風に戦いに向かっていった少年兵は、ルワンダに限らずいたのではないか。

『フォックスの葬送』

著者は小島秀夫監督のゲームをこよなく愛し、「小島原理主義者」と自らを呼んだ。「メタルギア ソリッド」シリーズの作品を多数書き、1冊は出版されている。

わたしは、2月のこのエントリ(リンク)に書いた理由で、ここまでリアルそうな戦争ゲームはうーんと思ってしまう。亡き祖父なら何と言うかなと思うのだ。わたしの過去の傷に対し嫌な反応が起きるかもしれないし。

この作品は大筋で『地獄の黙示録』に似ている気がする。映画を見たのは割と最近だが、戦争映画で印象的なのは他にある。似てると言ったが登場人物はこっちの方が魅力的な気がする。ゲームやった人の方が読んでてはまれるんだろうけど、小説だけでも十分読みごたえはある。

主人公ジャックはFOXで「ビッグボス」の名で呼ばれる男。上司ゼロはがんで余命いくばくもない。ジャックにラオスに行き、軍事訓練を現地で施すはずだったのに社会主義を吹き込んでいるというフランクを殺すようにと命令する。FOXは解体が決まった。

ジャックがビッグボスと呼ばれるのは、前に「ボス」がいたからだろう。女性で、ジャックが殺した。ラオスでの作戦中に彼女の幻が現れる。伊藤氏はこういうメランコリックな描写をうまく挟んでくる。

自分はこの風景を知っている。

「ジャック、ひさしぶり」
そういって彼女は微笑み、懐かしい、憂いを含んだ瞳をまばたいた。
ジャックは彼女の名前を呼ぼうとした。しかし、ジャックには彼女の名前をどうしても思い出すことができなかった。俺は彼女を知っている。俺は彼女を愛している。なのに、どうして彼女の名前が出てこない。ジャックは魚のように口を喘がせて、彼女の名前を肺から、心臓から、腹から、体の深奥から絞り出そうとする。まるでそうすれば萎えた記憶を引っぱりださずとも、その名前を発することができるとでもいうように。
しかし、名前は出てこなかった。 
「わたしはあなたに名前を教えていない。当然ね」
彼女が言う。

文庫版p128-129

白い花弁が舞う中での夢。後にまみえたフランクにもフランクの事情があり喪失があり、ジャックにひとつの頼みごとをした。いろんな人物のさだめが交錯する。

わたしはゲームと言えば、昔ゲーセンが栄えた頃に付き合いでだったし、コンシューマはほぼやってない。なのでRPGなどにそのような力があるのか分からないが、巻末の解説によると「かつて、サイバーパンクSFの文明批評の精神とRPGやアドベンチャーゲームの相互干渉性(インタラクティヴィティ)が、メディアと文化、そして社会をラディカルに変革すると信じられた時代があった」(『Heavenscape』)、だそうだ。

『Heavenscape』は後に『虐殺器官』に組み込まれた作品で、「ネオ・コウベから八年を経て」という言葉が出てくる。爆破でもされたのだろうのか、とても短い作品で説明はない。この街は小島作品「スナッチャー」の舞台だ。『虐殺器官』では壊滅したのはサラエボになっている。

もうググっても出てこないが、10年以上前だったかDARPAが絡んで、兵士を実際に訓練するためのゲームを作ったと読んだことを記憶している。硝煙の臭いも再現したりして。避けて欲しい応用だ。

『セカイ、蛮族、ぼく。』

珍しくコミカルな短編。蛮族は女は犯すし生肉は食らうし、家には人の首があったりする。父はまったく自分のあり方に疑問を持ってないが、ぼくはそういうことをやりたくてやってるんじゃない。「ぼく」は呑気な学園生活をなぜか送っている(かなりヘン)。朝、パンをくわえた女の子が登場したりするのだけど、ぼくにぶつかったせいで犯されてしまう。そういう描写がクスクス笑えてしまうような書き方だ。こういう設定でコメディ書いてしまうのはすごい。言っておくが当方性暴力被害者でリハビリは済んでない。そういうわたしを笑わせるのだから、余計すごいと思うのだ。

『From the Nothing, with Love』

「例えるなら私は書物だ。いまこうして生起しつつあるテクストだ」この1行目が実はトリッキーな、SFにミステリ要素が入ったような作品。

この短編集には他にもマンガ作品があり、察しのいい人なら誰の話だか気がつくのだろうが、主人公はみんな知ってる人物。わたしは気づくの遅れた。詳しくないため、よく読み返した。

主人公の資質が優れすぎていて、戦中のドイツで作られた技術で人の「コピー」を英国でも作ることにした。トップシークレットのため、女王陛下と一部の人間しかこのことは知らない。著者は英語も堪能だなと読んでいて思った。ルビに英語読みが振ってあったりし、英国民を’subject’と呼ぶ用例を初めて見た。主人公のコピーが任務で死ぬとさらにコピーが作られ、挙げ句の果てに起こったことが複雑な筋立てで語られている。テクノロジー的には興味がないわけではないが、倫理的にはやってはいけないことだ。

読者が騙されやすい、鉄道の連結部のようなポイントが何個かあり、最後にさらにひっくり返される。そしてうまいこと著者のトラップにはまるのだ。

『屍者の帝国』(絶筆)

冒頭の30分、大まかな話の枠組みが示されてさあ話が動くぞ、というところで残念なことに終わっている。円城塔が引き継いだ完成版を今読んでいるところ。長いし、映画とはだいぶ違うし、良い悪いでなくふたりの書き手の個性もやはり違うなと思いながら読んでいる。伊藤氏が書いた部分は完成版でも多分そのまま手は付けられておらず、マイクロフトがMとして登場し、「諮問探偵(コンサルタント)の弟」について話している。主人公の名前に注意。混みいっているのでスピードは出ないが、味わっている。

伊藤氏がアフガニスタンを舞台のひとつにしたのは、21世紀になっても貧乏くじばかり引かされている大変な国であるからだろうか、と思い至った。

リンクをいくつか。

すぐ下の記事には伊藤氏が亡くなった時の様子もある。最後に口にしたのはカレーだったと。食欲なくてもカレーなら食べようかなと思ったのかな。わたしも食べたくなくてもカレーなら嬉しい。

死後強まるカリスマ性 伊藤計劃 病床で10日間で書き上げた作品 (アーカイブ p1 p2

伊藤計劃:第弐位相
伊藤計劃記録 はてな版 障害者になった当初は映画などが安く見られても複雑、というのはよく分かる。

円城氏のTwitterは気まぐれなのと普段動いてるのがあり、魅力的な文章を書く人だと思って見ている。具合が悪そうなことがあり心配。

@EnJoeToh 稼動中

@EnJoh140 突然何か投稿されるかも

コーセーのボディーミルク、プレシャスガーデン。

1ヵ月以上前にドラッグストアで安くなっているのを買いました。ネットでは送料抜きなら今でもその時より安く売ってます。前にラベンダーを使って気に入ったことがあります。ピーチもよかったし、あと3つほど香りがあります。意外に早くなくなります。

わたしはあまり乾燥しないけど、ひじのガサガサには効き目はありませんでした。風呂上がりのリラックスタイムによいです。乾燥気味の人はまだ行けるのでは。

前から書いてきましたが、無印の廃盤品やハウスオブローゼの買いだめがあるので、ボディーミルク、ボディーローションやジェルは9月くらいまで行けるんではないかと思います。ハウスオブローゼはまた魅力的な期間限定商品出したので、また書きます。

秋になったら、このコーセーの商品は違う香りも試してみたい。

在宅仕事こんなんにやってます(フリー)(追記あり)。

Photo by OVAN on Pexels.com

フリーといっても、開店休業中の翻訳者です。

1年半も病気療養してて、それでも完治する病ではないですけど復帰しようかとしたところにコロナ禍が起こりました。仕事はないですけど、新たな取引先開拓したり、専門知識や語学の勉強したりでやることはたくさんあります。

慣れないテレワークで困ってる人もいると思うので、わたしの場合。ネット友人のtransniperさんのブログを読み、自分も書こうと思いました。

  • デスク周りでこだわりたいところはあるのですが、上に書いた事情で金銭的に実現してません。キーボードはごく安いものを使えなくなったら換え、マウスは安いけどエルゴノミクスというのをサンワダイレクトで買ってます。デスク周りは人によっていろんな意見あります。この辺だといいマウスなど試せないという事情も。
  • デュアルモニタまたやりたいんですが、便利だった記憶があるので。
  • デスクはL字型。導入後身体壊したため、今のところ却って乱雑になってます。
  • 椅子は、サンワダイレクトとかだと何年持つかな。結局身体の節々が痛くなってくるので買い換え時です。旧ブログに大阪のイトーキ行った時のことが書いてあって、座りやすかった。ゲーミングチェアはどうだろうか?
  • PCにはf.luxというソフトを入れてモニタの明るさを調節してます(英語サイト)。
  • PCの前に座り続けると日本語でいう頸腕症候群、英語ではRSIといういろんな不調が出ることも。2種の頭痛で医者に行ってます。対症法としてはRSI Guardというソフトなどがあり(英語)、一定時間ごとに休憩を取らせてくれます。最近触ってません(注1)。
  • 持病の副作用もあって正直太ってるので、管理のため体重は毎日測ってグラフにしてます。夜中に普通の食事はまずしません。
  • ずっと前に知ったヨガは1日1ポーズでもやらないよりマシ。気分を落ち着かせるのにもいい。散歩もなるべくしたい。今はあまりできないが、趣味の写真撮ってるとたくさん歩く。
  • うちの中での服装はパジャマ、ノーメイク(宅急便は受け取ってくれる家族がいる)。まだ体調が思わしくなくなることがあるし、よく風邪も引くので。庭に出るときは着替え、隣の市に行くならささっと化粧。Skypeレッスンも薄化粧。
  • うちの県は自分ちのような貧乏家でも部屋数あり、仕事部屋とプライベートの部屋をざっくり分けている。ベッドから動けないと、寝床でタスクをやるので区別がなくなります。仕事の頭から切り替えられるのは大事かと思います。
  • 睡眠時刻はかなり遅くなることがありますが、時間は確保してます。

(注1)「RSIを知っていますか」杉本優さん

買ったそのものが売り切れていたので。真面目に作業するときはパームレストも使用。

(2020/04/08追記:ドライアイもあり、まれに医者に見てもらってます。普段はマイティア(涙の成分)の目薬。度のあったメガネ、中年以降だと近く用と遠く用も必要です。マウスなど必需品は、夜中に動かなくならないよう、余裕を持って余計に買っておいてください)

『エール』と叙情歌とマーチ、そして「栄冠は君に輝く」。

BSプレミアムでやっている『はね駒』と同じく福島舞台で話が始まる。福島へのエール、もあるのかも(それならもっと早く放送してほしかった)。『はね駒』は学生で近くの市まで通学してたからよく見てなかったようで、話に全く覚えがないが面白い。二本松や相馬が出てくる。相馬は馬追早いところ行きたいけど、いつになるんだろうか。

『エール』の主人公古山裕一(石田星空)は作曲家古関裕而がモデルで、福島市生まれ。吃音がありあまりどこといって取り柄がなかった男の子が、父親の買ってきた蓄音機から「威風堂々」(イギリスの第2の国歌と言われる)が流れているのに釘付けになり、音楽教育に力を入れている担任の藤堂先生(森山直太朗)の下で作曲の才能を見いだされる。「威風堂々」は中1の時に先輩の演奏を初めて聞いて心に残ったことを覚えている。裕一の場合は、うちが裕福で環境に恵まれていたことも大きかったのかも。

わたしは演奏しかしたことないので、作曲となると理論もあろうし見当がつかない。演奏家は『蜜蜂と遠雷』のレビューに書いた「カデンツァ」を自分で考えたり、ジャズなどで即興演奏をするようなことはある。

1週目の時代背景は、『赤い鳥』が出版され、童謡が流れていた時期だったと解説が入る。綺羅星のような詩人が作品を発表していたいい時代だった。うちの高校の校歌の歌詞は、縁もないだろうに西条八十だ。多少は西条の詩も読んだので親近感がある。古関裕而はよく組んで曲を書いている。Wikipedia情報はよほどのファンが書いているようだ。

昭和歌謡はあまり好きではなく、古関の作品で興味を引くのは東京オリンピックマーチや「栄冠よ君に輝く」だ。聞いてみると他にも知ってる曲や気に入った曲がある。

吹奏楽出身だとスーザのようなマーチ王の作った曲は普通に演奏しており、懐かしいし気持ちが浮き立つ。マーチだけどいい意味で繊細というか、洗練されていると思う。木管楽器吹きでもファンファーレは大好きだ。

慶応と早稲田、巨人と阪神の曲をどっちも作っているのは笑ってしまう。ただ、戦争を経験した文学者も音楽家も戦意高揚のための作品を作ることを強いられた。

1ヶ月ほど前か、『カステラ』訳者さんが「韓国に比べて日本では詩の位置づけが低い」とツイートしたら、「それは叙情詩が戦争に使われたからだ」と答えた人がいて、なるほどーと思った。

「栄冠よ君に輝く」の作詞者は石川県出身の加賀大介だが、偶然にも松井のふるさとである(根上町(ねあがりまち))。2回ほど通りかかったことがある。作詞者はけがでもうプレイできなくなった野球好きだった。わたしはどっちかと言えば高校サッカーを見ていたが、プレイヤーの性格や心の動きがもろに出るので高校野球はプロより好きだ。

曲はいろんな情報を運んでくる。吹奏楽部でもわたしは音量のないフルートで、応援に行くことはなかったが、部活仲間は夏になると球場に行ってはすぐ負けて帰ってきていた。社会人になって家庭教師の仕事をしていた頃には、高校野球の季節になると野球部の子の甘酸っぱい内緒話を教え子の女子生徒が聞かせてくれた。そんな思い出が、白い夏服、氷の入った自販機のジュース、蝉の声や暑さ、TVの中の高校球児の姿とない交ぜになって立ち上るのだ。

スポルティーバ・トリビア vol.2【甲子園編】 (アーカイブ)

『ああ栄冠は君に輝く~加賀大介物語~』 知られざる「全国高校野球大会歌」誕生秘話 (アーカイブ)

古関はもっとクラシックが書きたかったのではないかなと思うし(自伝にはあまり書いてないらしい、残念)、加賀は心の内で何を思っていたのだろう。残念ながら下の本の紙版は絶版。出て5年かそこらでもう絶版になるんだな。早いな。

CDは多くて紹介しきれない。今後朝ドラは楽しみに見ようと思う。

ちなみに「あの人に会いたい」という故人を偲ぶ10分番組をNHKでやっていて好きで見ている。古関裕而の放送1回目が終わったところ。ネットに短縮版アーカイブがあり、2020 年度はこれから掲載予定。古関の曲で歌謡ショーもBSプレミアムでやるそうだ。

https://www.nhk.or.jp/archives/tab/people/

Kiehl’sクリームUFCのサンプルが当たった。

ブログをしばらく休まざるを得なくなっていました。体調を最優先するので、前ほど更新できませんがよろしくお願いいたします。

ひとつ前のエントリに書いた事情で、ネットストーカーに長いこと苦しめられていますが、あれだけ書いても翌朝アクセスがあり止みません。普段わたしは精神科通いしてることもあってこんな言葉は使いたくないですけどあれは「狂人」だと思います。普通の人のような顔をして社会に混じっているのかも。

対象への強い感情が暴走することがあるのは理解できますが、相手を滅ぼしても構わないとなればそれはわたしの恋愛の定義とは違うし、ストーカー被害(リアルでの知人のような)に若いとき遭ったことがあるため彼らの思考回路はきっと同じなのかもなと思います。最大級の軽蔑を送ります。もしかして相手は分かってないかも知れませんが、蛇蝎のごとく嫌ってますのでお間違いなきよう。


URL: https://www.kiehls.jp/skincare/face-product/face-moisturizers/ultra-facial-cream/622.html#tab_ingredients

さて、このサンプルはTwitterで応募して当たりました。3月頭から時々試しています。顔は乾燥肌ではなく、夜はハトムギ化粧水→無印の乳液→アテニアミッドナイトモイスチャライザー(美容クリームでジェル状)です。前は乳液の代わりにアテニアのジェル状クリームでした。

このKiehl’sのクリームは乳液とクリームを兼ねていて、ちょっとこっくりした感じだけど、あとで割とさらっとしてます。乳液とクリーム兼ねていると調整できないかなというのと、夏は重いかもと感じました。値段も自分が買うのには一番小さいのでないとギリギリです。テカらなくなったという口コミあるので期待はしますね。

でも試せてよかったし、今はリップクリームだけですが、ハンドクリームも使いやすいのを知っています。どこかでご縁があるかも。DMを眺めて楽しむことにします。

  • 成分情報です。

有効成分:スクワラン、アンタークチシン

全成分:水,グリセリン,シクロヘキサシロキサン,スクワラン,ビスPEG-18メチルエーテルジメチルシラン,ステアリン酸スクロース,ステアリルアルコール,ステアリン酸PEG-8,ミリスチン酸ミリスチル,テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル,アンズ核油,フェノキシエタノール,アボカド油,ステアリン酸グリセリル,セタノール,コメヌカ油,オリーブ果実油,クロルフェネシン,ステアリン酸,パルミチン酸,EDTA-2Na,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,カルボマー,アーモンド油,キサンタンガム,エチルヘキシルグリセリン,水酸化Na,トコフェロール,ダイズ油,シュードアルテロモナス発酵エキス,ミリスチン酸,ヒドロキシパルミトイルスフィンガニン,BHT,サリチル酸,クエン酸
※製品の改良や表示方法の変更などにより、実際の成分と一部異なる場合があります。実際の成分は商品の表示をご覧ください。
※2019年4月時点の情報を掲載しております。

一番上のリンクにオンラインショップありますが。アフィリリンクのは50gで、27gはオンラインショップにしかないのかも。

ネットストーカー・簡単な経緯と警告。

好きになった人絡みで、メールの返事の代わりがブログアクセスということが前にありました。多分その人はもうアクセス解析上にいないと思います。

去年の7月頃から自分の存在を誇示するようなアクセスが毎日のようにあり、気がついたのは10月でしたが、その人もアカデミア系です。これも好きだった(過去)別の人かと思っていたので、法的には要件を満たしていないですし、迷惑だとしても「ストーカー」と呼ぶのをためらっていました。でも誰であろうと、好きだった人とともども邪魔なことこの上ありません。

  • Twitterも何らかの手段で(フォローせず)見てるらしく、アカウント引っ越しを余儀なくされた
  • 精神的に引っ掻き回され、舵取りが難しい病気が危機的になったことが複数回。主治医が心配している
  • Twitterと連動して、ブログも黙らなければいけなくなった(ここは仕事用です、プライベートではありません)
  • ブログをアップする度に、ブログ主には分かる方法で一斉アクセスを仕掛けるので、見張られているようだ。何らかの機械的処理の可能性?

今日は富山県警に電話をかけて、高圧的な女性警官に当たり頓服と精神科救急がいるような羽目になりました。恋愛感情があるのなら引き続きストーキングすればどうですか。ストーカーの証左となりますけど。

Twitterの新アカウントでしばらく見せていたのですが、弁護士による発信者情報開示請求も視野に入れています。弁護士相手でも上に書いたようなことが起こらないわけではないので(調停で経験済み)、最悪命があるか分かりません。

それでも粘着したかったらすればいいんではないですか?そういう最悪の結果を望んでつきまとっているのではないですか?ここまで体調の悪い人間追い詰めて、もし教育者ならよく偉そうな顔できますよね?

何を考えているか分からないし知りたくもありませんが、本当に迷惑です。

COVID-19とメンタルヘルス(WHOより)。

わたしは医療従事者ではないので、概ねここにこういう情報があるとしか書きません。前からこれ書こうと思っていて、移動が制限されてる都道府県が出てきて、参ってる人もいて大変なことになってきたので。

WHOの文書にも著作権があり、日本語の翻訳物について権利を持っているのは神戸センター。勝手にファイル持ってこういうところで上げていいのか、メールの返事がないのでリンクのみ。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)一般向け特設ページ

あと、医療者が有志で翻訳しているサイト。時間がないのでしょう、1次訳(見直してない)も混じってます。下の記事で、情報を入手するのは1日2回とありますが、ダラダラ悪いニュースに接していると参ってしまうよな、と思いました。

Covid19医療情報翻訳チーム(COVID19-JPN.COM)

COVID-19アウトブレイク中のメンタルヘルスに関する注意点

わたしはメンタルの持病で、もともと接しない方がいい類の情報があって、なるたけ避けてます。

CDCやNIHもメンタルヘルスの喚起はしてるのを見たと思いますが、勝手に訳していいものでもないと思うので。

最後に、みんなが和んでくれるように、個人使用に限りOKと桜の写真を大盤振る舞いしてくださった写真家さん。外に出られない人もどうぞバーチャル花見してください。